山崎賢人
山崎賢人

 4月12日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、山崎賢人(25)が、助けられたある人物について明かした。今回は「あの人に助けられたSP」というテーマで、ゲストを救ってくれた人のエピソードが紹介された。そこで山崎は、多くのスタッフが投入され、中国で撮影された映画『キングダム』で共演した吉沢亮(26)の名前を挙げた。日本映画最大規模の製作費が投入された『キングダム』で主演に抜擢された山崎は、当時極度のプレッシャーを感じていたという。

 しかし、吉沢との洞窟でのつかみ合いの撮影シーンが終了したとき、吉沢から「今の演技ビビッときたわ! お前の熱に引っ張られたよ。お前やっぱすげぇわ!」と絶賛され、山崎は「俺のやってきたこと、間違ってなかったんだ」と感じ、プレッシャーから解放され、役を演じきれたと明かした。山崎は「2人でこう、部屋でなんか話してたときに“最近ビビッとくる?”みたいな、演技してて。“ビビっと最近こないんだよね”みたいなこと言ってたんですよ。お亮(吉沢)が」と、当時の吉沢の会話を振り返り、その後、洞窟での撮影を終えた夜、吉沢から「ビビっとこさせてくれてありがとう」と感謝され、山崎は「めっちゃうれしくて」と喜びを噛み締めていた。

 2人の関係に、視聴者は「吉沢亮と山崎賢人の関係まじ最高」「あの演技お互いに迫力あって素晴らしかったもの、そんな秘話があったのね」「まさに戦友って感じがして感動しました!」「キングダム、ほんとに最高の映画だった」「洞窟のシーンの撮影秘話、深い話が聞けて感動した」「山崎賢人を助けた吉沢亮って贅沢すぎる 顔面偏差値高すぎやわ笑」と大喜び。また2人の共演が見たい!