中島健人・平野紫耀
中島健人・平野紫耀

 ジャニーズに、King&Prince平野紫耀(23)とSexyZone中島健人(26)という新たな名コンビが生まれた。2020年1月1日に2人のコラボが発表されると、3月には歌番組『Premium Music2020』(日本テレビ系)も2人で司会を務め、連続ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(同)でのW主演と、コンビとしての認知度は高まるいっぽうだ。

「平野と中島にはコンビを組む前から、先輩後輩として深い繋がりがありました。平野のジャニーズ事務所に入って最初の仕事がSexyZoneのバックダンサーで、はじめて会ったジャニーズの先輩も中島だったんです。4月14日に2人がゲスト出演した『火曜サプライズ』(日本テレビ系)のロケでも、平野が“中島に育ててもらった”といった発言をしていたように、平野は入所当時から中島を慕っているようです」(女性誌記者)

 ジャニーズ事務所には、平野と中島のような、固い絆で結ばれた先輩後輩関係が多いようだ。

「中島は、Hey!Say!JUMP山田涼介(26)について“永遠に憧れの先輩”と話しています。中島はHey!Say!7としてデビューした山田を見て、“同い年の人がこんなにたくさんのファンを笑顔にしている”と感銘を受け、ジャニーズに履歴書を送りました。

 Jr.時代、中島はHey!Say!JUMPのバックダンサーをすることが多く、山田の近くで踊れたことを“最高に嬉しかった。涙が出た”と話しています。中島の入所から約1年後の2009年に、NYCboysとして中島と山田は一緒にデビューしました。この時も、“一緒にCDを出すなんて信じられない”と憧れの人と一緒に歌える喜びを明かしていました」(前出の女性誌記者)

 Hey!Say!JUMPのエースとして、華やかなイメージの山田だが、その裏には血がにじむほどの努力があったという。入所して2年が過ぎてもマイクをもつ事さえできず、同い年で、山田の半年前に入所し、後にHey!Say!JUMPを共に結成することになる中島裕翔(26)は、入所後すぐに雑誌の表紙を飾り、連続ドラマに出演。そんな中島と自分を比べて、不公平に感じることもあったという。それでも決して諦めず、レッスン場で4時間ダンス稽古をした後に、毎日家で3時間の自主練をしていたことは有名な話だ。

「入所当時から、山田の仕事を近くで見ることの多かった中島健人ですが、“山田くん自身も努力して結果を出してきた努力の天才” “同じ年ではあるけれど、人間的な部分でも尊敬していますし、一目置いています“と、仕事に対して誰よりも真剣な山田を尊敬しているようです。

 山田も中島のことを可愛がっていて、中島が舞台やコンサートに出演する際には連絡を入れて体調を気遣うこともあるようです。また、プライベートで女性のタイプを尋ねたら“それ聞いて夢壊れませんか?”と最後まで言わなかった、中島の徹底したプロ意識も認めているとか。同い年ではあるものの、山田と中島は先輩後輩として、信頼しあった良い関係を築いています」(前同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3