松本人志(ダウンタウン)
松本人志(ダウンタウン)

 芸人たちは不安よな、松本、動きますーー。

 そんな声が聞こえてきそうなニュースが、4月16日『東京スポーツ』で報じられた。

ダウンタウン松本人志(56)が、自腹で100万円を、無利子無担保で吉本芸人に貸し出す“松本ローン”を計画している、と報じたんです。新型コロナウイルスの影響で、多くのイベントや収録が中止・延期に追い込まれて収入減に苦しむ才能ある芸人を、どうにか救済したい、という思いからでしょう。

 貸付の条件は、“おもしろいヤツ”であることだそうです。単純ですが、審査員が松本ですから、よほどのセンスが必要になるでしょう。

 15日に松本がツイッターで“スマホを耳に当てたゴリラ”の写真をアップして、“写真で一言”と、大喜利大会をしていましたが、これが、“松本ローン”の審査ではないか、とウワサされています」(WEBライター)

 松本は2019年、吉本芸人たちの“闇営業問題”が取り沙汰された際にツイッターで、

「後輩芸人達は不安よな。松本、動きます」と宣言し、その後の展開も含めて話題になったことがある。同ツイートは、34.9万リツイートと、167万いいね、という、驚異的な数字を記録しているが、当時の松本はどのように動いていたのか。

「闇営業騒動について雨上がり決死隊宮迫博之(50)とロンドンブーツ1号2号田村亮(48)が謝罪会見を行ったあと、7月20日に松本が“動きます”宣言をしました。

 その後、松本が会長らに会ったことで、事務所の対応が180度変わり、社長が出席した会見も開かれた。松本の行動が実際に事務所を動かした、という話です。

 松本のツイートには多くの共感や称賛の声が相次ぎ、2019年に最も“いいね!”がついたツイートとして『#Twitterトレンド大賞 2019』で表彰もされました。

 さらに、2019年12月28日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、”家にたまたまタイガーマスクの覆面がありまして、それをまぁ、使いまして”、”あの……謹慎芸人にお金を渡して”と照れくさそうに答えている。孤児院に寄付をしていたタイガーマスクにちなんで、松本がマスクをかぶって芸人たちに会い、お金を渡していたというんです」(お笑い雑誌記者)

 すでに救世主となっていた松本。今回の”松本ローン”に関しても、ツイッターで伏線はあった。

「コロナウイルスで芸能人たちの寄付などが報じられているなか、松本は4月9日に、ツイッターで“ちょいちょい寄付しろ!って言ってくる人がいます。一度だけササッと言いますね。ニュースになってないからって寄付してないって決め付けないで欲しい。(早口)”と発言。

 過去にも松本は“言ってないからやってない、とみんな勝手に思ってますけど、実は意外とやっていると思う”という発言もしている。自分の具体的に何をしているか表に出さないだけで、実はそうとう骨を折っているんですよ。“寄付~”のツイートについても、今回の“松本ローン”の布石だったのかもしれません」(同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3