安倍晋三首相
安倍晋三首相(首相官邸の公式サイトより引用)

 安倍晋三首相(65)が新型コロナウイルス対策として発表した“各世帯への布マスク2枚配布”。発表直後から「布マスク2枚って……」と疑問の声が相次いだが、17日には東京、特に感染者の多い世田谷区と港区から配達が始まったことが報じられた。5月中旬までには全国の各世帯へ届くとされている。

「予想より早く届いたのはいいですが、今回のマスク、大人が使うにはちょっと小さすぎるんですよね。厚労省の公式サイトは“縦9.5センチ、横13.5センチの市販の大人用サイズ”、“口と鼻を覆うために十分な大きさ”と回答しているのですが、やはりアゴまで覆えなければ不安になる人は多いですよね。 

 記者会見などでも、安倍首相が着けている布マスクは、どう見ても小さい。首相以外はサージカルマスクや、別の大きい布マスクの政治家が非常に多い。世界からも“アベノマスク”と呼ばれてます(笑)。

 SNSでは“洗うと余計に縮んでしまう”、“息苦しくなるから仕事に向かない”“しゃべるとズレて鼻が出てしまう”と、マスクに関する批判意見が噴出していました。

 4月14日の『朝日新聞デジタル』によると、この“アベノマスク”、全世帯への配布には466億円も費やしているそうです。こんなことに税金が使われていると思うと、ちょっと腹が立ちますよね」(WEBライター)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4