■格闘技オタクの岡田が監修

 3月5日放送されたバラエティ番組『VS嵐』(フジテレビ系)で、二宮は「最近、ジム行ってる」と発言。これに松本は「俺、1回だけ会ったよ」とジムで二宮と遭遇していたことを告白した。

「4月15日発売の『週刊TVガイド』(東京ニュース通信社)では、木村拓哉(47)がインタビューでジャニーズ事務所の中にできたトレーニング施設について言及しました。木村によると、このジムを監修したのはV6岡田准一(39)だそうです。このジムで木村は二宮と遭遇したと明かしていました」(前出の女性誌記者)

 ジムを監修した岡田は格闘技インストラクター資格を保有。自他共に認める格闘技オタクとして知られている。芸能界きってのナンバーワンアクション俳優である岡田は“岡田育成塾”とも呼ばれる、アクションや演技を学ぶ活動をしているという。

「映画監督や舞台演出家を自費で呼んで、演技指導をしたり、自ら殺陣やアクションを後輩たちにかなり本格的に教えていたりしているんです。ジャニーズ事務所の後輩の生田斗真(35)や山下智久(35)をはじめ、事務所の垣根を超えて、山田孝之(35)や小栗旬(36)らが岡田の指導を受けたといいます。その岡田が監修したジムとあって、木村は『週刊TVガイド』のインタビューで“見事な設備ですごかったんですよ”と語ったほか、自身が入会している別のスポーツジムと比較しても、“(スポーツジムに)入会している自分が悲しくなるぐらいすばらしい施設”と絶賛していましたね」(芸能プロ関係者)

 前出の女性誌記者は語る。

「松本が二宮と会ったのは、その事務所内のジムではないでしょうか。わだかまりがあった人と、2人きりで会うことで和解する、というのは一般でもよくある話。松本も二宮が初心に返ってトレーニングする姿を見て、かつての嵐を思い出し、怒りも収まった、という可能性も考えられます。

 もっとも、松本もファンの間で二宮との不仲説が流れ続けるのは良くないと考え、話し合える機会を伺っていたのかもしれません。重苦しい雰囲気では話も思うように進みません。ジムならラフに話せますし、ジャニーズのジムなら外部の人間も入ってきません。2人が話し合う場としてはベストだったのかもしれませんね」

 このまま嵐の活動休止まで、松本と二宮が仲の良いまま走り抜けてほしい――。

あわせて読む:
・嵐インスタライブで松潤衝撃の「断食」「OL飲み」「おでこのシワ」
・嵐ファンWショック!「活動延長ナシ」と「新国立フェス永久順延」
・櫻井翔はチェリー「一本槍」!?「最強説を唱えてる」

  1. 1
  2. 2