坂上忍
坂上忍

 俳優、タレントの坂上忍(52)の行動が話題を呼んでいる。

 坂上は4月17日、ブログを更新。この日のブログのタイトルは「一回こっきりの……お知らせです」と題され、「本来ならば何回も書き直してお伝えするべきことなのかもしれませんが、勢いで書かないと余計なことを考えてしまいそうなので、不快な点があった際はご容赦ください」と切り出し、「ボク、タダ働きをすることに決めました」とつづった。

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、『バイキング』(フジテレビ系)に出演し続けることに、どこかで違和感を覚えていたと話し、「緊急事態宣言が発令されてから解除されるまでの間、どれぐらいの期間になるかわかりませんが、ボクが得る収入はなにかしらの形で寄付をさせて頂くことに決めました」と、自らのギャラを寄付すると宣言したのだ。

 さらに坂上は「ただ、ひとつだけ付け加えさせて頂きますと……」と続け、「これまでも寄付を公表した方に対して、“売名行為”だとネット上で揶揄する方がいらっしゃると聞いています。そう感じてしまう方もいらっしゃるのかもしれませんが、例え売名行為であったとして、寄付することのなにがいけないのか?」と提起した。

 坂上の寄付宣言にネットでは「これはなかなか出来ることではないです。素晴らしいことだと思いました。公表することで追随する人が出るかもしれません。売名するほどの人でもない」「言葉がきつくて、いろいろ言われがちな坂上さんだけど。彼は生き方に筋が通っている」「いつも、政府に辛口コメントばかりで好きではなかったが、言うからには、自分も実行。素晴らしい」と絶賛の声が殺到している。

  1. 1
  2. 2
  3. 3