明石家さんま
明石家さんま

 4月18日に放送された、明石家さんま(64)がMCを務めたバラエティ番組『さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020』(フジテレビ系)が、ネット上で物議を醸している。

 問題となったのは、「上司と部下とで距離感が異常に近すぎるおっさんずラブ状態のアナウンサー」というコーナー。プライベートで、2人きりで旅行に行くほど仲が良いというフジテレビの佐野瑞樹アナウンサー(48)と倉田大誠アナウンサー(38)が、フィーチャーされた企画だ。

「この企画では、佐野アナと倉田アナのクリスマスイブのディナーと箱根旅行を隠し撮り。箱根の旅館にもカメラが仕掛けられ、入浴シーンまで撮っていたんです。ディナーのあとにケーキを持って2人で佐野自宅に向かう、入浴中にじゃれ合う、といったシーンもありました」(テレビ誌記者)

 この隠し撮りのVTRに対し、ネット上では、「まずあんな盗撮は本当であれば許されない。まぁヤラセだろうが、それならそれを明るみに出すべき」や「ヤラセだとしてもやっていいことと悪いことがある」などの意見が寄せられていた。

「佐野アナと倉田アナが訪れた旅館は、VTRに出てきた外観を見る限り“塔ノ沢温泉 元湯 環翠楼”です。レトロな雰囲気で、風格ある創業約400年という老舗温泉旅館です。SNSではこの旅館に対して“隠し撮りがガチだとしたら箱根の湯元環翠楼の信用問題なのでヤラセであれば公表すべき”といったコメントが見られました」(WEB編集者)

 放送翌日の4月19日、環翠楼は公式フェイスブックページを更新。「撮影の協力依頼があればある程度協力をさせて頂いておりますが、今回の内容はどうだったのでしょうか。今後の撮影協力も考えていかないといけなく感じております。不快に感じられた方がいらっしゃると思います、当館といたしましてもお詫び申し上げます」と書き込んだのだ。

  1. 1
  2. 2