■ジャニー喜多川社長との絆

 先代社長のジャニー喜多川氏は、舞台作品のプロデュースや演出に力を入れており、『SHOCK』も、光一自身に交代する2005年まではジャニー氏が作・構成・演出を手掛けていた。

「生前のジャニー氏はしょっちゅう光一を叱っていて、剛が褒められる一方でいつも“YOUヤバいよ”と言われていたと『日経エンタテインメント!』2016年4月号で明かしています。

『SHOCK』でも、2017年2月放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で、2005年の舞台で光一がジャニー氏に代わり演出などを担当することになり“YOUの好きなようにやりなさい”と背中は押されたものの、クライマックスの演出で揉めて、“勝手にすればいいじゃないすべて!”とジャニー氏が激怒して帰ってしまったことを話して、共演者を驚かせています」(前出の女性誌記者)

 しかし、それらの発言は、ジャニー氏の光一への期待から出ていたものだったという。

「ジャニーさんは生前”光一たちにすべて任せられる“と言っていて、ジャニー氏の“お別れ会”でも、光一は”ジャニーさんの愛情なのはわかっていたし、また“最悪だよ!”と言ってほしい“と、2人の親子のような絆を感じさせる発言をしています。

 また、“ジャニーさんの演出を受けられたのは幸せなことだった”“継承というと大きすぎるけど、自分も後輩に力添えができればいいなと思う”と話していました。

 その後、2019年10月の『FRIDAY DIGITAL』では、光一が自分の舞台稽古の合間を縫ってまで後輩に指導していることや、Jr.にとって光一がかつてのジャニー氏のような存在になりつつあることが報じられています。

 光一は、舞台に関して、ジャニー氏の正統な後継者だと思いますよ」(前同)

 今後も光一はジャニーズとして、舞台役者として、異次元の活躍を見せてくれることだろうーー。

あわせて読む:
・KinKi堂本光一と嵐・松本潤は同率2位!「毒舌だと思う」ジャニーズは?
・堂本光一が「恥ずかしかった」パフォーマンスの裏を告白!?
・堂本光一『SHOCK』特別披露に感動の声相次ぐ「明日からまた頑張れる」

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4