■杏の反応は…

 東出と別居している杏は、4月14日に所属事務所のYouTubeなどを通してギターの弾き語り動画を公開。自宅で読書をする子どもの隣で普段着姿のまま弾き語りをし、外出自粛を呼びかける杏にネットでは感動の声が広がった。

「杏が選んだ曲は、フォークシンガー加川良さん(享年69)の『教訓1』。このタイトルと、《青くなってしりごみなさい にげなさいかくれなさい》《死んで神様と言われるよりも 生きてバカだと言われましょうヨネ》という歌詞から、杏から東出への“バカなのは仕方ない。苦しくて逃げても良いから生きなさい”という裏のメッセージが隠れているのでは? と指摘する声が上がっていました(女性誌記者)

 今回、東出が動画で紹介した『大河の一滴』は、そんな杏への東出なりの答えだった可能性もある。

「1月には『文春オンライン』で杏は東出の連絡を無視しているとされ、3月には『女性セブン』(小学館)で杏と話をするためにアポなし帰宅した東出が杏に拒否されたと報じられています。東出は杏にLINEもブロックされているといいますし、いま杏への連絡手段は全くない状態。

 ですから、今回ツイッターでバトンが回ってきたことは東出にとって予想外のチャンスだった。杏は大の本好きですし、動画に『大河の一滴』を載せれば、杏が東出のメッセージを汲み取ってくれると思ったのでしょう。もちろん杏が東出の動画を見れば、の話ではありますが……」(前同)

 今回自身の苦しみを全面に押し出した東出。開き直りのようにも捉えられるが、はたして杏と東出の今後はどうなるか……。

あわせて読む:
・杏“ギター動画に絶賛の嵐”も「タイトルが…」
・東出昌大『コンフィ』で「棚ボタ月9復活」にフジ「ゲス炎上」戦略
・東出昌大、離婚&引退秒読み!?義父・渡辺謙が「見限った瞬間」

  1. 1
  2. 2
  3. 3