連続テレビ小説『エール』(NHK)は早くも第5週目を迎え、窪田正孝(31)が演じる古山裕一が作曲家として国際的な賞を獲ったことで、物語が一気に動き出した。前週は二階堂ふみ(25)が演じる音と裕一が文通する様子も描かれ、一週間の世帯平均視聴率が初めて20%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)を越えた。世…


あわせて読む:
・天海祐希『トップナイフ』が『ドクターX』に追いつけないワケ
・二階堂ふみ「柴咲コウより本格感」!オンチ疑惑一蹴の激ウマ歌唱力!!
・窪田正孝、心霊番組での冷遇にファンブーイング