■2位は、宮迫博之に明石家さんまも「お手上げ」!?

2位 宮迫博之、地上波TVは絶望!相方・蛍原だけじゃない「全員ブチギレ」

お笑いコンビ・雨上がり決死隊蛍原徹(52)が、4月11日放送のバラエティ番組『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に出演。相方の宮迫博之(50)のYouTube動画について「出るわけないやんか、そんなん」と発言した。

 蛍原は、3月15日放送のトーク番組『ボクらの時代』(フジテレビ系)でも宮迫とのコンビ活動の再開について、「迷惑しかかけてないからな。なかなかやっぱりさ」と前向きになれない様子を見せていた。

「そもそもの話になりますが、“闇営業”問題が取り沙汰されたときに、宮迫さんは当初、頑なに“金銭はもらっていない”と主張し、所属事務所も金銭の授受がないとして厳重注意処分としていました。しかし、ヒアリングを繰り返しているうちにギャラを受け取っていたことが発覚し、謹慎処分となりました。宮迫さんには多数のレギュラー番組があり、この処分でテレビ各局も対応に追われ、相当迷惑をかけています。

 2019年6月放送の情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本人志さん(56)が宮迫に金銭授受の自白を促していたと明かしています。しかし、宮迫さんが聞く耳を持たなかった。先輩芸人のアドバイスにすら耳を傾けず、騒動を大きくしてしまった経緯もあって、事務所関係者は現在でも相当怒っているそうです」(構成作家)

 2020年1月29日に、宮迫はYouTubeチャンネルを開設。松本は、2月2日放送の『ワイドナショー』で、YouTubeでの活動について「ちょっとどうなの? ってとこは久しぶりに言いましたよ」と宮迫にあまり賛成できなかったと告白した。

「宮迫さんは明石家さんまさん(64)の個人事務所“預かり”の状態と言われています。さんまさんは、2019年11月末に、テレビ関係者を多数招いた『宮迫を囲む会』を行うなど、復帰に向けて尽力していました。しかし、宮迫さんは、さんまさんに報告したといいますが、2020年1月にほぼ独断でYouTubeを始めてしまった……。3月9日放送のバラエティ番組『痛快! 明石家電視台』(毎日放送)で、さんまさんは“もう俺の言うことも聞かんへんようになってもうた”と、笑いにしてボヤいていましたが、その嘆きは本心でしょう。

 お笑い界のトップである、さんまさんの顔に泥を塗ってしまった宮迫さんに賛同する芸人はいるはずがないです。それは蛍原さんも同じでしょう。また、宮迫さんを囲む会には、さんまさんとつながりのある各テレビ局の幹部がずらりと来ていましたが、彼らもさんまさんに恥をかかせた宮迫さんを使うことはないでしょうね」(前同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5