■ラフスケッチが挿絵になるまでの工程

挿絵を描く漫画家にイメージを伝えるためのラフスケッチ
挿絵を描く漫画家にイメージを伝えるためのラフスケッチ
上のラフをもとに描かれた挿絵がこちら
上のラフをもとに描かれた挿絵がこちら
こうして、担当編集とのやり取りを重ねて作品が完成する
こうして、担当編集とのやり取りを重ねて作品が完成する

 

2枚のラフからイメージして描かれて完成した挿絵
2枚のラフからイメージして描かれて完成した挿絵

 手元のゲラをコピーしたものなので、画像が粗いのはどうぞごかんべんを。

 こんなやりとりをしながら、連載をしているという雰囲気のようなものは、お伝えできたのではないか。

 なんとか、夏いっぱいまでには、書きあげたいと思っているのである。

 がんばれ格闘技。

夢枕獏
夢枕獏

夢枕 獏/ゆめまくら ばく

1951年神奈川県生まれ。77年、SF文芸誌『奇想天外』にて「カエルの死」でデビュー。『餓狼伝』『魔獣狩り』『キマイラ』『陰陽師』シリーズなどで人気を博す。89年『上弦の月を喰べる獅子』で第10回日本SF大賞、98年『神々の山嶺』で第11回柴田錬三郎賞を受賞。2011年から12年にかけて『大江戸釣客伝』で第39回泉鏡花文学賞、第5回舟橋聖一文学賞、第46回吉川英治文学賞を受賞。17年、第65回菊池寛賞を受賞。18年、第21回日本ミステリー文学大賞を受賞。同年、紫綬褒章を受章。

 

【格闘技応援企画】格闘小説の金字塔! 夢枕獏の『餓狼伝Ⅰ』『餓狼伝Ⅱ』が今だけAmazon Kindle版なら無料で読める!【期間限定】

 

あわせて読む:
・スキンヘッドの名伯楽が実践する対ウイルス予防の秘策
・みんなで格闘技を応援する!
・“寝技世界一”が語った格闘技ジムにとっての最大の危機

  1. 1
  2. 2