■ひなんちゅが明かした木村花の素顔「あんなに心優しい子いない」

 木村さんの訃報を受け、ひなんちゅは自身のツイッターに「花ちゃんはうちから保護猫を引き取ってくれました。絶対幸せにするって言ってたじゃん。あなたが幸せにならなくてどうするの、花ちゃん。。」と悲痛な思いを吐露。「コロナ落ち着いたらご飯行こうねって話してたじゃん。無理やりでも家に行って色々話聞いてあげたらよかった。断言できるのは、あんなに心優しい子いないです」と後悔をにじませた。

 その後、自身のブログにも木村さんとの出会いや率直な思いを書き連ねたひなんちゅ。同じ鍼灸院に通っていたことをきっかけに交流が始まったといい、「『すみません…わたしテラスハウスみてなくて…』と言うと照れ臭そうに『それは逆に助かります!笑』と言っていました」「花ちゃんはとても控え目で礼儀正しい子です」と当時の様子を振り返った。

 さらに「人としての木村花しか知らないわたしはどうして知らない人からの暴言に苦しまなければいけなかったのか今も全く理解ができません」「死因が公表されてないことは前提ですが思うことがたくさんあります」と受け入れがたい心境を告白。「こんなに愛のある人がなぜ何も知らない人に叩かれなきゃいけないの?」「どうか、一方通行の怒りや罵詈雑言をSNSに書き込む前に一度自分に置き換えて考えてみて欲しいです」などと強く訴え、「22歳、あまりにも早すぎます」と身近な友人の死を悼んだ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3