櫻井翔(嵐)
櫻井翔(嵐)

 櫻井翔(38)が、6月13日に嵐のインスタグラムアカウントのストーリーを更新。この投稿で櫻井は、ファンから寄せられた質問に多数回答をしたのだ。

「櫻井は、Netflixで配信されているドキュメンタリー『ARASHI‘s Diary-Voyage-』に関して、ファンから寄せられた質問に回答しました。彼は、2013年6月発売の『女性セブン』(小学館)で、官僚の父から芸能界入りを反対されていた、と報じられるなど、親子関係についてさまざま噂されることもあったんです。しかし、櫻井は今回の投稿で、“色々言われることもありますが、両親に厳密に反対されたことはありません”“(両親は)完全な放任主義です。判断は任され続けてきました”とコメントし、芸能活動を反対されていたという話を否定しました」(女性誌記者)

 ファンから寄せられた18問の質問に答えた櫻井だったが、中にはラップに関する話題もあった。

「ファンから、ラップを考える時に使っていたノートをまだ所持しているか、との質問があったのですが、櫻井はそれに対して、“恐らくもうないです。ロンドン五輪の時のノートは先日見つけましたが…”と答えたんです」(前同)

 櫻井は、嵐の楽曲でソロのラップパートが設けられ、ラップの詞に関しては自身で手掛けることも少なくない。

「櫻井のラップは“サクラップ”と呼ばれ、ファンから非常に高い支持を受けています。中でも2005年発売のシングル『サクラ咲ケ』や2007年の『We can make it!』など、櫻井がラップ部分の歌詞を手掛けた楽曲は特に人気を集めています。嵐の音楽活動におけるサクラップの重要性は広く認知されていますし、櫻井も大事にしているでしょう。しかし、そのアイデアの源である大切なノートが、なくなったということですよね……」(同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3