EXITが見せつける「第七世代」波乱万丈乗り越え力の画像
りんたろー。・兼近大樹(EXIT)

 6月24日に放送された『東大王SP』(TBS系)に、EXIT兼近大樹(29)とりんたろー。(34)が出演。変わった形で注目を集めた。

「番組は3時間の生放送だったんですが、EXITは出演こそしたものの、出番は全8問の『仲間外れクイズ』のコーナーのみ。それが終わると、また姿を消してしまったんです」(専門誌記者)

『東大王SP』でMCを務めた南海キャンディーズ山里亮太(43)は、同日深夜のラジオ『水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)でEXITについて、

「すごいのよもう、売れっ子よ。超売れっ子。だって、(東大王の)生放送があるんだよ。収録をTBSでしてる、と(同時に)新番組の収録をしてて、その収録が押してて間に合わないっていう。で、収録中、一旦抜けて一問答えて飛び出しですぐまた収録に戻って。“売れっ子だなぁ”なんていう感じで」

 と、EXITの売れっ子ぶりを絶賛している。同日に別番組の収録を並行して行っていたため、生放送のワンコーナーのみの出演となったようだ。

「『東大王』でも番宣していましたが、EXITが撮影していたのは、29日から放送が始まる『霜降りミキXIT』でしょう。タイトル通り、霜降り明星、ミキ、EXITと、お笑い第七世代で固められた新番組です」(前出の専門誌記者)

 3コンビとも19年末の『2019年ブレイク芸人ランキング』(オリコン)でTOP10入りを果たすなど、まさに順風満帆といった感じだが、実はこれまでトラブルも少なくなかった。

「有名人の宿命ともいえますが、人気が出るにつれて、スキャンダルが明るみに出る機会も増える。第七世代の芸人たちも例外ではなく、何度か窮地を迎えているんですが、それぞれ切り抜けています。

 最近では、霜降りのせいや(27)が、6月18日の『文春オンライン』で“ファンの女性とリモート飲み会をした際に、下半身を露出する『リモートセクハラ』をした”という報道がありました。また、EXIT・兼近が過去の逮捕歴を報じられたことも、話題になりましたね」(前同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4