SixTONESの“マッパ担当”田中樹、もろ出し寝起きドッキリにファン興奮の画像
田中樹(SixTONES)

 7月25日放送の『有吉ダマせたら10万円』(フジテレビ系)に、SixTONES田中樹(25)が出演。ドッキリ企画で見せた姿に、ファンから歓喜の声が相次いだ。

 この番組は、ゲスト出演者が“芸能界一疑い深い男”である有吉弘行(46)に“ウソかホントか分からない話”を披露し、だますことに成功すると賞金10万円を獲得できるという新型バラエティ。今回は、田中と京本大我(25)が登場し、有吉をだますことに挑戦した。

 まず初めに用意されたのが、“寝起きドッキリ”で引っかかった演技をしているのは、田中と京本のどちらかを当てるクイズ。ホテルの別々の部屋に宿泊する2人に寝起きドッキリを敢行したVTRをスタジオで流し、どちらが演技なのか有吉が当てることになった。

 早朝4時、ドッキリのレポーターを務めるゆりやんレトリィバァ(29)が最初に向かったのは、京本の部屋で、まずは合鍵を使って部屋に侵入。ベッドの上には、左腕を腕枕にして寝ている京本のセクシーな姿があったが、起きないのをいいことにゆりやんは洗面台にあった使用済み歯ブラシで歯を磨こうとしたり、財布の中にある紙幣を確認したりするなど、やりたい放題だった。

 そして、侵入から8分後にゆりやんが寝起きドッキリでおなじみのバズーカ砲を発射。京本はようやく目を覚ましたが、すぐには状況を把握できなかったようで、ゆりやんを見るなり、「え? あれ? ゆりやんさん?」と驚きの声を上げ、混乱した様子だった。

  1. 1
  2. 2