コロナ禍により、開幕が3か月遅れた今季のプロ野球。異例のシーズンを象徴するかのように、ペナント序盤戦から、多く“緊急事態”が発生している。 まずは、各チームの「主力投手に故障者が続出」。6月26日のオリックス対ロッテ戦。オリックスのエース、山岡泰輔は今季の2試合目、わずか3球を投げたところで緊急降…


あわせて読む:
・鈴木誠也と柳田悠岐、34年ぶり「2人三冠王」鉄板根拠
・王貞治と柳田悠岐も! プロ野球「師弟の絆」列伝
・レジェンドのルーキー時代「長嶋茂雄と王貞治」永遠ライバル愛憎秘話