鎌倉幕府の滅亡後、大覚寺統の後醍醐天皇(南朝)による建武の新政が崩壊し、足利尊氏が持明院統の光明天皇(北朝)を擁立して全国の武士が両派に分かれて争う南北朝時代に入った。しかし、このときに両朝の分裂どころか、中国の「三国志」さながらの“鼎立状態”になる可能性があった。 それは、この時代を代表する武将…