「三浦春馬さんと竹内結子さんが中心」『コンフィ3』緊急全書き直し中!!の画像
竹内結子、三浦春馬

 7月に公開され、興行収入約37億円のヒットを記録した映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』。8月13日に行われた大ヒット御礼舞台挨拶で、シリーズ第3弾となる『英雄編』の製作も発表された。

「『コンフィデンスマンJP』は、主演を長澤まさみ(33)が務め、メインキャストには東出昌大(32)と小日向文世(66)が名を連ねています。脚本は、映画『探偵はBARにいる』、ドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)で知られる古沢良太氏が担当しています。

 シリーズは2018年4月期にフジテレビの月9枠で放送されたドラマからスタート。連ドラは平均視聴率が8.9%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)で、一度も2ケタを超えなかったのですが、2019年5月に封切りされた『ロマンス編』が興行収入約30億円の大ヒット。続く『プリンセス編』も前作を上回る成績を残し、ヒットシリーズの仲間入りを果たしました」(映画誌ライター)

 興行成績は右肩上がりで、来春にも撮影があるという3作目にも期待がかかるが、今、大きな問題が発生しているという。

「実は、脚本がすべて書き直しになってしまったそうです。というのも、3作目のメインに据える予定だった三浦春馬さん、竹内結子さんが鬼籍に入ってしまったため、元々のシナリオでは作れなくなってしまったんです」(映画製作会社関係者)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5