横浜流星“お弁当を作ってくる”女性の存在にファンざわつくの画像
横浜流星

 横浜流星といえば、その誠実な人柄も知られるところ。バラエティ番組のトークや、自身のインスタグラムにも、性格の良さや穏やかなサービス精神がにじみ出て、何度もファンを「神対応」と悶絶させている。今回は、そんな横浜の「そりゃモテるであろう一面」をまとめてクイズにしてみた。答えは記事の最後に!

■【問1】
2020年10月15日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、「60秒だけ憧れの横浜流星に会えたら?」というコーナーに出演した横浜。そこで、横浜が好きすぎて直接話せず、パペットを使って会話するファンが登場。「キュンとするひと言ください」というリクエストに、横浜が即座に返した破壊力抜群のひと言とは?

■【問2】
横浜が、20年10月21日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。「女性たちの思わせぶりな行動」をシロ(特別な感情はない)かクロ(特別な感情がある)で判定する「好きアピ警察」コーナーでのこと。横浜は自ら「ちゃんと○○○○? と撮影現場でやたら気にかけてくる女性」を挙げ、よく言われると告白し、TOKIOメンバーをザワつかせた。さて、横浜は、なんと言ってくる人が多いと言った?

■【問3】
横浜流星が9月1日にインスタグラムを更新。「きみのめの取材でした。早く皆さんに観てもらいたいです!!」とコメントし、10月23日公開の吉高由里子とのW主演映画『きみの瞳が問いかけている』の取材を受けたことを報告。レアな○○姿の画像を添えた。その投稿を見たファンは「かっこよすぎて、なんか、涙が出てきました」など大絶賛。さて、レアな○○姿とは?

■【問1】の答えは「好きだよ」。かなりハイテンションなファンも多かったが、すべて笑顔で誠実に言葉を返す横浜。アクション俳優と体操選手、どちらを目指すか進路で悩んでいるという11歳の少年にも、自分の体験をもとに真摯にアドバイス。根っからの優しい性格がうかがえる言動の数々に、SNS上では「横浜流星の好感度爆上がり」「なんて良い子なのかしら」「顔も性格もイケメン惚れた」と絶賛の声が相次いだ。詳しくはコチラhttps://taishu.jp/articles/-/78084
■【問2】の答えは「ちゃんと食べてる?」。「ここからさらに自分が作ったお弁当とかを渡してきたり」と、横浜はさらに告白。「これは(自分を)好きなのかな?って」と言うと、松岡昌宏も「それは勘違いしていいと思います」と断言。映画で共演した吉高由里子も、役作りで食事制限をする横浜が心配で、同じようなことを聞きまくったという。しかし、横浜は「いや、お弁当はまた別にいるんです」と、吉高以外の女性だとコメント。それが誰かは分からないまま番組は終了し、視聴者は「お弁当作ってきてくれた人……って誰ですか?」とザワついていた。詳しくはコチラhttps://taishu.jp/articles/-/78252
■【問3】の答えは「眼鏡」。横浜は、自身がアンバサダーを務める「DIOR」のシャツを着て眼鏡をかけた写真を公開。この投稿を見たファンからは「メガネかけてる流星くんほんとかっこいいよね」「流星くんに眼鏡はもうだめ、反則」などと興奮気味のコメントが続出した。映画『L・DK』やドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系)でも大好評だったメガネ姿。ファンにとってはたまらなくうれしいサービスだったようだ。詳しくはコチラhttps://taishu.jp/articles/-/77111

 インタビューや番組で「僕、つまんないんです」など、トップを走る売れっ子俳優とは思えないほど、控えめな発言が多い横浜流星。今の自分に満足していないことがうかがえる。だからこそ、ファンの愛を真摯に受け取り、やさしい応対ができるのだろう。誠実な人柄を武器に、俳優としてさらに飛躍していってほしい!

〈横浜流星クイズ〉

あわせて読む:
・ディーン・フジオカと横浜流星が3位!激動の「11月イケメン総選挙」
・横浜流星は“抱き心地”最悪!? 吉高由里子「ゴリゴリの砂利抱いてんのかな」
・横浜流星、壊れる!? 「しゃべぷー!」奇声に「シュール」「腹抱えて笑った」
・横浜流星、完璧イケメンなのに壊滅的弱点発覚も「そこも魅力」「かわいすぎ」