俳優・伊勢谷友介「大麻入手ルートを黙秘」警察の思惑と芸能界復帰の画像
伊勢谷友介

 2020年12月22日、大麻を使用目的で所持したとして、大麻取締法違反の罪に問われていた伊勢谷友介(44)に懲役1年執行猶予3年(求刑1年)の判決が出た。俳優として人気絶頂であった伊勢谷にとって、これから難しい道のりが待ち受けている。

 そんな伊勢谷が取り調べに対してどのように対応し、何を話したのかについて、このほど大人気企画『日刊大衆プレゼンツ 芸能ぶっちゃけ座談会』で徹底分析がなされた。

 座談会では、伊勢谷が取り調べに対して頑なに口を閉ざした「ある機密」について、また過去に芸能界で起きた前代未聞の事件のきっかけになった「ある供述」について、さらに伊勢谷の復帰への道のりに重くのしかかる「スポンサーとの関係性」について、加えて伊勢谷が俳優業を続けることができるかもしれない「あるメディア」についても話が及び、白熱のトークが展開された。

 出演は、タレントの井上茉倫さん、芸能リポーターの佐々木博之氏、またメディアジャーナリストの浦憲三氏が音声のみで参加し、司会と進行をAKB48の論客として知られる芸能評論家の三杉武氏がつとめた。

 その気になる内容については、以下の動画でぜひご確認を!

https://youtu.be/plXKEHQK0IE