■歌唱力がボロボロに

 前出の女性誌記者は続ける。

「万が一大倉が抜けるようなことがあったら、関ジャニ∞としてはさすがに厳しいのではないでしょうか。渋谷と錦戸が抜けた穴の大きさがすでに顕著に表れていますからね……」

 2020年12月10日に放送された『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)。この日出演した関ジャニ∞は山下達郎(67)の名曲『クリスマス・イブ』をカバーした。

「歌い出しは、横山が担当したのですが、いきなり音程が外れまくりで、ネット上でも、“横山歌下手すぎない?”といった声であふれていましたね。さらに、丸山隆平(37)も詰まった歌い方で、苦しそうに聞こえましたし、5人揃ってのユニゾンパートでは誰かが足を引っ張ってしまったのか、不安定な歌唱になってしまいました。

“関ジャニみんな下手”などの意見も少なくなかったのですが、関ジャニ∞はメインボーカルを担当していた渋谷と錦戸が辞めてしまった。歌における絶対的な存在を欠いた影響が、安定感のない歌唱につながっているのは明白ですし、抜けたメンバーの穴の大きさをモロに感じさせる出来事でしたね」(前同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6