■トップは最年少M-1覇者!

 そして第1位は、霜降り明星

 せいや粗品の霜降り明星は、2018年の『M-1グランプリ』で史上初平成生まれのコンビとして王者となり、大会の最年少記録を更新した。第7世代のリーダー的なコンビで、現在『霜降りバラエティ』『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(ともにテレビ朝日)、『霜降りミキXIT』(TBS系)など多数のレギュラー番組を抱えている。

 霜降り明星を選んだ人からは「それぞれがピンネタもできる。せいやは記憶力がすごく会話も面白い。粗品は独特のセンスのフリップネタと絶対音感を持っていてすごいと思う」(21歳/女性/学生・フリーター)、「漫才がとにかく面白い」(24歳/男性/学生・フリーター)、「安定してネタが面白い。斬新な突っ込みも好き」(28歳/男性/営業・販売)、「物まねやリアクションも面白い」(26歳/男性/学生・フリーター)、「かけあいがいい。ボケとツッコミが独特で面白い」(29歳/女性/総務・人事・事務)、「粗品の個性の強いツッコミが好き。2人ともトーク力も高く面白いから」(29歳/男性/営業・販売)、「せいやさんは天然で粗品さんは秀才でバランスがいい」(39歳/女性/主婦)など、お笑いのセンスと実力が絶賛されていた。

 他には、四千頭身宮下草薙3時のヒロインにも多くの票が集まっていた。お笑い第7世代はまだ若く、本格的に活躍するのはこれから。2021年の活躍にも注目したい。

アンケートサイト「ボイスノート」調べ
https://www.voicenote.jp

あわせて読む:
・霜降りせいや“写ってはいけないもの”の写真に山本舞香もドン引き!?
・ぺこぱ松蔭寺太勇の“男気とシュウペイ愛”に称賛の嵐「涙出ちゃった」「こんな人いない」
・EXITは俳優向き?武田鉄矢、兼近大樹を“ドリーム3年B組”に抜擢!
・フワちゃんと千鳥が同率2位!? 2020年「一番活躍した芸人」ランキング

  1. 1
  2. 2
  3. 3