松本人志
松本人志(ダウンタウン)

「このままじゃアウトだ……」日本テレビは、心底焦っているのかもしれない。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の年末恒例企画『絶対に笑ってはいけないシリーズ』が、今年で終わる気配が濃厚、となればそれも当然だろう。ダウンタウン松本人志(57)に、そんな不穏な空気があるという。

「1月10日に、2020年12月31日に放送された『笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス』の未公開シーン集が放送されますが、今回の『笑ってはいけない』は、いろいろ負の要素が重なっていました。まず、収録はすべて日本テレビの施設である生田スタジオ内で行われました。これはコロナ禍のためやむを得ないのですが、例年のような大規模ロケではなかった。

 そして、何よりもアンジャッシュ渡部建(48)をめぐってのトラブルですよね……」(制作会社関係者)

 渡部は、ご存知のように20年6月に「多目的トイレ不倫」が発覚。その後、謝罪会見も開かず雲隠れ同然に芸能活動を自粛し、一向に姿を見せなかったが、11月17日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が「渡部の『ガキ使復帰」を報じ、11月20日のスポーツニッポンの報道で確定情報となった。

「しかし、きちんとした謝罪会見もなく、仕事に復帰しようとする姿勢が世間からの猛反発を買ってしまいました。また、松本自身もこのフライング報道に激怒。11月22日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、『ガキ使』は出演者もどんなネタが来るか知らないから面白いリアクションが取れるのに先に報道が出たことについて、

“収録の前にあれ(ネット記事)を出されて。知りたくなかったので、これはルール違反も甚だしいと思う。それをけっこうワイドショーが扱うという”

 と、後追い報道にも苦言を呈していました」(女性誌記者)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4