■最後の映画の公開日は未定

 ドラマが終戦の日である8月15日に放送されたこともあって、映画も21年の夏以降に公開されるのでは、と推測されている。

「そうなると、三浦さんのお別れの会と被る可能性が出てきますよね。20年12月24日発売の『週刊新潮』(新潮社)によると、お別れの会は当初、20年11月ごろに行う予定だったそうです。それがコロナ禍で21年7月に延期され、結果的に三浦さんの一周忌の時期に行うことになりました」(専門誌記者)

『森の学校』のリバイバル上映で、改めて小学生のころから非凡な魅力を再認識させられ、『群青戦記』でも素晴らしい姿を見せていた俳優・三浦春馬。

 おそらく最後の公開作品となる『太陽の子』で、どのような姿を見せてくれるのかーー。

あわせて読む:
・三浦春馬さん「お別れ会」7月延期、「お墓」は未定で…“お別れ不能”の無情
・三浦春馬さん「行くぜよ」「忠信孝悌」…三浦翔平と西川貴教が語り継ぐ「魂の言葉」
・三浦春馬と三浦翔平「2つの共演作」に秘められた「思いと絆」
・三浦春馬さん「遺産巡る骨肉の争い」のなか…“幻の映画”が復活?

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4