滝沢秀明副社長の「退所」加速!?「Jr.22歳定年制」の裏に因縁20年!!の画像
ジャニーズ事務所

 1月16日、ジャニーズ事務所はジャニーズJr.に22歳での活動終了制度を導入することを公式サイトで発表した。

 公式サイトによると、ジャニーズJr.の活動に一定の年齢制限を設けるとし、「具体的には、満22歳到達後の最初の3月31日までに、ジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動としては同日をもちまして終了とさせていただくことといたします」と説明している。

「要するに22歳に至るまで満足に実績を残していない、今後のデビューの可能性がまったくないと判断されたJr.は、ジャニーズ事務所と契約更新することなく“定年”を迎えるということですよね」(女性誌記者)

 ジャニーズ事務所がJr.と明確に契約書を交わすようになったのは2018年1月だとされている。

「デビュー前のSnow ManSixTONESのほか、人気Jr.グループのTravis Japanらが招集され、ジャニーズサイドから契約書にサインするように促されたといいます。これに反発したのがLove-tuneのメンバーでした。

 メンバーはサインを保留して一旦持ち帰って検討するという判断をしたため、それ以降、テレビや舞台への露出が激減。Love-tuneの7人は2018年11月をもって事務所を退所しています」(前同)

 その後、Love-tuneのメンバー7人は1人も欠けることなく再集結し、7ORDERとして活動を再開。今年1月13日には1stアルバムをリリースし、メジャーデビューを果たしている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4