■「唐田の匂わせは治らない」

 唐田の雑誌『日本カメラ』での連載「Mirror」は、「フィルムカメラ好きの女優がつづる写真エッセイ」と題し、彼女の撮影した写真と文で構成される。

 連載初回のタイトルは「夕焼け」で、写真は唐田が撮影した夕暮れの空。文章はというと「習慣でカメラを持ち歩いていたけれど、写したいと思う瞬間が訪れなかった」とつづっている。

「唐田は、以前からフィルムカメラが趣味だと公言していて、インタビューで“フィルムカメラでは好きな人しか撮らない”と話していたこともあります。その言葉に忠実に、唐田は東出との不倫交際中、自身のインスタグラムに2人の共演映画『寝ても覚めても』のオフショットとして、フィルムカメラで撮影した東出の写真を複数投稿していたんです。

 その写真投稿が、東出との不倫が発覚したのちに“匂わせ”だとして大バッシングになったわけですが、連載初回のコラムについても、やはり“匂わせ”だとして炎上しています。

“写したいと思う瞬間が訪れなかった”という一文は、東出とのことを想起させて、あまりにも意味深に感じられますからね」(前出の女性誌記者)

 唐田のコラムを読んだという人からは、「自分に酔っているのか、唐田の匂わせは治らない。復帰しても、なかなか受け入れられないと思う」「この人はこういう形でしか自分を表現できない人なんでしょうね。一個人ならお好きにどうぞですけど、芸能活動をする人がとしてはダメだと思う」といった厳しい声が多数上がってしまっていた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4