■「今までとは違う新たな家康を」

 ただ、国民的グループ・嵐のライブのすべてを担っていた男・松本潤が、多少の逆風に押し流されるわけはないだろう。

「今回、松本さんがタッグを組む脚本の古沢氏は、『探偵はBARにいる』や『コンフィデンスマンJP』のように巧みなストーリー構成に、笑いやスリルのスパイスをほどよく注ぐエンターテイメント性の高い作品が魅力の名脚本家です。『どうする家康』も大河ドラマだといって、硬派になりすぎない、古沢氏らしい遊び心もある作品になるでしょう。

 松本さんも、『99.9』や『ラッキーセブン』のようなエンタメ性の強い作品の経験もありますし、古沢氏のストーリーにもハマるはず。松本さんは、『どうする家康』主演にあたり、“古沢さんの考える家康像はとても斬新です。今までとは違う新たな家康を一緒に作っていけたらと思っています”とコメントを寄せています。ストーリーと松本の演技の相性次第では、前評判が嘘のような大化けもありえるでしょう」(前出のワイドショー関係者)

『感謝カンゲキ雨嵐』にあるように、“たぶんピンチに強い”の精神で、松本には逆風を乗り切ってほしい! 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5