フリーアナ市野瀬瞳が語る新潟総合テレビ時代「自分で取材をして、手書きでメモを取って、小さいカメラを回して撮影して、局に戻って原稿を書いて、BGMを選んで、テロップの発注もやって」【独占告白1/10】の画像
市野瀬瞳

フリーアナ市野瀬瞳 独占告白1/10

新潟総合テレビ、中京テレビでの局アナを経てフリーで活躍している市野瀬瞳。1月15日に発売されたEX大衆2月号でインタビューを行なったが、誌面では掲載できなかった部分を本サイトで公開。10回にわたって掲載する。

──新潟総合テレビのアナウンサーとしてキャリアをスタートさせた市野瀬さんですが、生まれは茨城県なんですね。

 プロフィールには新潟出身と書いていますが、厳密には「おぎゃー」って生まれたのは茨城なんですよ。母が里帰り出産をして、私は2歳くらいまでいたんですけど、茨城の記憶はほとんどないですね。でも、93歳の祖母が今でも住んでいて、毎年お正月は遊びに行ってました。

──今でも茨城とは縁があるんですね。

 ちょっとしばらくは遊びに行けそうにないですけど、茨城は今も大好きな場所です。新潟と比べると茨城は暖かいですね。私も含めて、皆さんの心がギシギシしてないと言いますか(笑)。

──暖かいというのは気候ではなくて、そっちですか。

 生活がゆっくりなんですよ、茨城は。新潟は寒くて、私の生まれた地域は雪もけっこう降るからみんな我慢強くて。気候の関係もあるかも。

──新潟にはいつまで住んでいたんですか?

 高三までですね。横浜の大学に行ってキー局のアナウンサーを目指してましたが、落ちたので地元の局でがんばろうと。関西の準キー局を受けることは特に考えずに、新潟総合テレビを受けたら運よく採用されまして。そこで5年間キャリアを積みました。

  1. 1
  2. 2