■“おしゃクソ事変”の再来も……!?

 佐藤勝利に対する強烈なまでのイジリに、ネット上では、「ジャニーズオタクがキレ散らかしそうな誹謗中傷うけそうなGomi Zoneとか言って平気ですかねぇ」「ゴミゾーンって何だよバゲットでぶん殴るぞ!!!!」「ごみぞーんとかゴミーズJrはさすがに酷い。ジャニーズをそんなふうに言って欲しくない」との怒りの声も寄せられていた。

「勝利は、故・ジャニー喜多川さんの最後の“スペオキ”(スペシャルお気に入り)として知られていますが、デビュー10年目となる現在まで、大ブレイクした、と言える状態にはなっていませんよね。ただ、2021年に入ってからはまず、『有吉ゼミ』でも宣伝したKis-My-Ft2北山宏光(35)との主演ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』がありますし、何より1月3日からスタートした相葉雅紀(38)がメインを張るゲームバラエティ番組『VS魂』(フジテレビ系)のレギュラーに起用されています。

 グループとしても1月23日に行われたファンミーティングで、中居正広(48)が3人体制だったSexy Zoneについて、ジャニーさんに“(セクゾを)5人にしてよ”と直談判したエピソードが話題に。また、昨年3月にレコード会社を移籍して以降、発売したシングルのセールスがそれまで10万枚台だったのが、20万枚台の水準に伸びるなど、グループとしてもグングン昇り調子にあります。2021年、令和3年の今年は、個人、グループ共に“勝負の年”と言えそうですよね。

 そんな中で“ゴミーズJr.”“Gomi Zone”と有吉らにイジられたわけですが、それは大きくプラスと言えそうです。有吉といえば、毒がありながらも核心をついているネーミングがお家芸。さすがに今回の“ゴミーズJr.”“Gomi Zone”はイジリの要素が強いですが(笑)、品川庄司品川祐(48)につけられた“おしゃべりクソ野郎”のようにずっとイジってもらえる可能性もありますよね。

 一部のファンの方は本気で憤っているかもしれませんが、有吉との共演時にバラエティ時にまたイジってもらえるかもしれませんし、勝利にとっては嬉しいことなのでは。有吉のあだ名をきっかけに売れた人は数知れず。これを機に一気にブレイクをつかめるかもしれませんよ」(前出の女性誌記者)

“ゴミゾ事変”で一気にブレイクの年になる!?

あわせて読む:
・中居正広はSexy Zoneの救世主!即行動…絶対明かさない「泣かせる話」
・嵐「メンバー共演は2人まで」ルールでしまる相葉雅紀と櫻井翔のクビ!
・SixTONESデビュー1年!グループ名にジャニー氏の思い「略されるのは…」
・セクゾ佐藤勝利「許せない!」菊池風磨の裏切りで“粉まみれ”も「なにやってもキレイ」

  1. 1
  2. 2