■ネトフリの主演ドラマにも懸念材料

 米倉が主演するNetflixのオリジナルドラマ『新聞記者』。しかし、同作にも懸念材料があるようだ。

 同作にキャスティング予定だった小泉今日子(54)が、制作サイドの姿勢に疑問を抱き、出演に後ろ向きだと2020年11月の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた。

「ドラマはまだ配信前ですが、早くもケチがついてしまったと言えそうです。事前にその辺りの調整ができなかったのも、主演の米倉のマネジメント体制がしっかりしていなかったから起こってしまった可能性もゼロではないでしょうね。しかし、独立から1年を経て、ようやく盤石の体制になりつつあるようです。

 今年10月クールには、作品名はまだ明らかになってはいませんが、テレビ朝日の木曜21時枠で米倉主演のドラマがスタートすることが決まっているようです。米倉の代表作『ドクターX』か『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の新シーズンなのかもしれないですね」(前出の芸能プロ関係者)

 新事務所「デサフィオ」はスペイン語で「私は挑戦する」という意味だという。独立から1年、ようやく女優・米倉涼子の本格的な挑戦、そして逆襲が始まりそうだ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3