■2021年に売れる芸人は誰だ

「しかし、実はポジティブな予言も少なくない。20年7月に『5年後のために媚びておいたほうがいい芸人ランキング』の2位に指名したマヂカルラブリー野田クリスタル(34)は、『M-1グランプリ2020』で優勝しましたからね」(前出の女性誌記者)

 その予言が的中したことをを引き合いに出し、ノストラダムス・金ちゃんとして、今回の「今年売れそうな芸人」トップ3を、ランキング形式で発表したのである。

「3位は“前座(本番前の盛り上げ係)で出演したのに、面白すぎて1時間も芸を披露した”“エピソードが面白すぎる”とされる、ななまがり。1位は、“不況人の時期は苦労人を応援したくなる”ということで特定の芸人ではなく“第7世代の親世代”としていました。

 錦鯉おいでやすこが、チャンス大城(46)、イワイガワ・ジョニ男ら45~50代の芸人を、金ちゃんは6.9世代芸人と命名しているそうです。それほど浸透はしていないようですが」(前同)

 今回の発表で注目すべきは、金ちゃんが2位に選んだピン芸人「もう中学生」だった。鬼越の2人はもう中学生を、非常に高く評価しているのだ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4