■Snow Man・岩本照はヤラカシに暴行

 ストーカー規制法違反をした場合、つきまとい等の行為がみられる場合、まずは「警告」や「禁止命令等」が出される。その禁止命令等が出されているにもかかわらず、それに違反するストーカー行為を行った場合、2年以下の懲役または200万円以下の罰金が科される。

 また、禁止命令等を経ずにそのまま処罰される場合には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となる。

「それほどのリスクを冒しても、タレントに近づきたいということでしょう。ただ、そうなるともはやファンではないですよね……。

 大倉も“普通の人に戻るほうがよっぽど楽”と漏らしていますが、プライベートの時間も心休まらないというのは相当なストレスでしょうからね」(前出の芸能記者)

 過去には悪質なファンが被害者になる、というケースもあった。

 3rdシングル『Grandeur』がミリオン目前と絶好調のSnow Manだが、グループのリーダー・岩本照(27)は、過去に“ヤラカシ”ファンに暴行をはたらいたことが報じられている。

「“ヤラカシ”とはアイドルの自宅や滞在先を突き止めて張り込んだり、尾行したりする、ストーカー行為やプライバシー侵害のような迷惑行為をするファンを指します。

 岩本は2013年11月、JR池袋駅のホームで20代の女性ファンと口論になり、暴力を振るったと、2014年4月の『週刊文春』(文藝春秋)が報じています」(前出の女性誌記者)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6