■思春期の水卜アナに大きな影響を与えた

 水卜アナは2017年4月、WEBメディア『OTEKOMACHI』のインタビューで「アナウンサーとして憧れていたのは小島奈津子さん。でも、同じにはなれないので、自分なりの正解を見つけなきゃ」と明かしている。

 また、2020年9月の『アナザースカイⅡ』(日本テレビ系)に出演した際、「小さいときは割りと夜早く寝ないといけなかったので、朝の情報番組がテレビのすべてという部分が結構あって。そうなるとほとんどテレビを見るのはアナウンサーの女性だったので、自分の憧れの大人の女性というとアナウンサーでした」と話し、「憧れのアナウンサーは?」と問われると「当時ずっと見ていたのは小島奈津子さんが大好きで……」と語っている。

「小島は、『めざましテレビ』のコーナー『突然!奈津子でございます。』で大ブレイクし、“なっちゃん”の愛称でお茶の間に定着しました。そして、前任の八木亜希子(55)に代わって、1997年から2003年まで『めざましテレビ』の2代目MCを務めています。

 1997年から2003年といえば、水卜アナが小学生から高校生に進学するぐらいの時期ですよね。最も多感な時期に『めざましテレビ』を見ていたということでしょう」(女子アナウォッチャー)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5