香取慎吾、アンタ山崎の「ガチ柴田拒否」事件を告発「勘弁してください…」の画像
香取慎吾

 1月24日放送の『アンタッチャブルのおバカワいい映像バトル』(フジテレビ系)に、香取慎吾(44)が出演した。

 今回は香取の他、みちょぱ(22)、“めるる”こと生見愛瑠(18)、麒麟川島明(41)らも登場し、アンタッチャブル柴田英嗣(45)、山崎弘也(45)とともに「おバカワいい」動物と人間の映像を堪能。また香取は、鷹と25メートル走、170キロのライオンとの綱引きにもチャレンジした。

 また香取は、ナマケモノやライオンの咀嚼音を録音することにも挑戦。

 ヘッドホンをつけ集音マイクを構えて、ライオンの咀嚼音を録っていた香取だったが、スタジオが静まり返る中、マイクに向けて「久々にフジテレビに来て俺は何をやっているんだ……」と自問自答。共演者がザワつくと、またそ知らぬ顔でライオンの口元にマイクを近づけたが、みんなの関心がライオンに向くと、再びマイクを引き寄せて「でも見てる人が楽しければ、俺はそれが一番だから」と囁き、共演者たちを爆笑させた。

 番組のエンディングで、香取は「なんかさ、すっごいしゃべってんのね。2人は」と、アンタッチャブルの2人の仲の良さに驚き、「『おじゃMAP!! 』って番組をやってたときね。柴田さんの話をすると、もう本当に(山崎が)“ちょっともう勘弁してください”って」と、『おじゃMAP!! 』(フジテレビ系)で共演していた当時の山崎の様子を暴露。

 柴田が「そんなに拒絶反応でした?」と聞くと、香取は「もう本当に、1回2回本当に“それ以上言ったら……”みたいな空気に」と振り返り、柴田が「手、出るぞぐらいな?」と笑うと、山崎は「手出るぞはない」と苦笑い。

  1. 1
  2. 2