■山Pは今年中に中国市場へ進出か

 2020年10月末をもってジャニーズ事務所を退所した山下は、今年公開予定のハリウッド映画『The Man from Toronto』に出演することが明らかになっている。

「映画の予算は200億円ということですから、日本では考えられない超大作ですよね。山下は同映画のオファーがあったことで、強引にジャニーズ事務所を退所し、現在はウィル・スミス(52)の事務所と業務提携しています。

 今後も世界的な活躍が期待される山下ですが、実は欧米だけではなく、中国市場も見据えているといいます。山下の最大の目標はハリウッドスターとして大成することでしょうが、ハリウッドで成功するのは非常にハードルが高いですからね」(前出の芸能プロ関係者)

 2020年12月の『女性自身』(光文社)では、山下の英語は「まだまだネイティブには程遠い」という評価で、英語力が今後、山下の壁になる可能性もあると報じている。

「そのため、欧米での活動と並行して、芸能活動の土台となる収入面をしっかりと確保するために、日本のみならず中国への進出を計画しているといいます。山下のWeiboのフォロワー数は185万人という凄まじい数字で、彼は現在、中国の超大手IT企業の幹部と連絡を取り、今年中にも中国で活動していこうと、動きを活発化させています」(前同)

 山下は2月7日に自身のWeiboとインスタグラムを更新。「仕事終わり歩いて帰りました。なので今日はチートデイ。やっぱり炭水化物最高」というコメントとともに、牛丼を頬張る動画を投稿し、Weiboのフォロワーからは「食べ方がかわいい!」「あなたに会いに日本に行きたい」といった声が上がった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4