木村拓哉と二宮和也“2大祝福されない婚”汚名返上!? 一転「再評価」のワケの画像
木村拓哉、二宮和也

 これも、アイドルの宿命なのか――。

 日本を代表する男性アイドルであるジャニーズタレントたちには、長きにわたって「結婚」という大きな壁が立ちはだかってきた。とはいえ、時代の流れとともに“アイドル=結婚できない”という不文律はなくなりつつあり、ここ5年の間にも、Ⅴ6の岡田准一(40)や森田剛(41)、TOKIO城島茂(50)、二宮和也(37)と複数のグループから続々と「既婚者アイドル」が誕生している。

 好きなアイドルが“誰かのもの”に。当然ファンは大いに打ちひしがれることになるのだが、ゴールインまでの経緯やお相手の好感度などによっては、ファンも“容認”や“祝福”の方向に舵を切る。しかし直近の二宮の場合、嵐の活動休止を待たずフリーアナウンサー・A子さんとの結婚に踏み切ってしまったことで、一部の過激ファンから猛烈なバッシングを浴びることになってしまった。

「二宮の強行突破婚で思い出されるのは、先輩・木村拓哉(48)の存在です。木村はSMAPとして人気絶頂だった2000年11月23日、さいたまスーパーアリーナで行われたライブ中のMCで“オレ、今度結婚します”と突如ファンに向けて宣言。その後のマスコミ向け会見では、結婚に加え、お相手の工藤静香(50)が赤ちゃんを授かっていることが明かされ、一夜にしてファンは失意のどん底に突き落とされました。

 2人の交際は既に報道されていたものの、“スーパーアイドルができちゃった婚”というインパクトは相当のものでしたから、当時SNSがあったら大変なことになっていたでしょうね。もちろん本人たちも本意ではないでしょうが、ある意味で木村と二宮は、平成と令和における“ジャニーズ2大祝福されない婚”といえると思います」(女性誌記者)

 そんな2人に、一転して「再評価」の兆しがあるという。

  1. 1
  2. 2