■人気俳優たちも受賞した登竜門

 小瀧はこれまでも、俳優として2019年10月期放送の『決してマネしないでください。』(NHK総合)で不器用な理系男子・掛田理を熱演。2018年公開の映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』では、学園ラブストーリーに挑戦し、同じく主演を務めた黒島結菜(23)との胸キュンな恋模様を織り上げていった。

「小瀧は、『決してマネしないでください。』での振り切れた演技、『プリンシパル』でのアイドルとして王道の役もこなし、実力のある役者として少しずつ注目を集めていました。

 小瀧が今回受賞した杉村春子賞は、2020年に菅田将暉(27)、2019年に松下洸平(33)、2016年に三浦春馬さん、2015年に高畑充希(29)といった、人気と実力が兼ね備えた受賞者がズラリと並ぶ。そこに小瀧も加わったわけですから、いよいよ俳優としてのブレイクが近いのではないでしょうか。

 これまで、ジャニーズWESTで演技派といえば、重岡大毅(28)が筆頭でしたが、今後は変わってくるかもしれません」(女性誌記者)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6