昨年1月に始まったNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が2月7日、最終回を迎えた。新型コロナウイルスの影響で中断もあり、異例の年またぎ放送となった同作だが、44話通しての平均視聴率は14.4%。最終回の視聴率は18.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と有終の美を飾った。「過去最低となった前作『…