三浦春馬さん死去7か月で…実母「事務所に奪われた」衝撃告白「5つの不安」の画像
三浦春馬さん

 三浦春馬さん(享年30)が、昨年7月18日に急逝してから7か月。2月18日発売の『週刊新潮』(新潮社)に、実母Aさんによる告白記事が掲載され、「息子は事務所に奪われた」というタイトルやその内容が、大きな波紋を呼んでいる。

「三浦さんは晩年、実母Aさんと関係が悪化し、縁を切っていたと報じられてきました。三浦さんの両親は、三浦さんが小学1年生の時に離婚し、実父のBさんは長らく三浦さんと交流がなかったものの、Aさんとの絶縁と時を同じくして、三浦さんと交流を持つようになったと、各誌で報じられていましたね。

 12月8日発売の『女性自身』(光文社)で、実父は取材に答え、“芸能界デビューをしたあとは、ときどき連絡をもらっていた”“ふだんはLINEで連絡していて、亡くなる2週間前もやり取りしていた”としていましたが、その後1月15日未明に、Bさんは持病の悪化で亡くなってしまったんです」(女性誌記者)

 両親は、三浦さんの残した数億円とも言われる遺産について、弁護士を通じて争っている、と報じられてきた。そうした渦中での今回の『新潮』での実母Aさんの告白は、衝撃的な内容だったという。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4