■堤幸彦にも褒められ

 そうした中、堤監督は中村の演技について「基本、見え方が同じであるにもかかわらず、全部違う人に見えてくる」とその幅の広さを指摘。続いて、堤監督が「特に、今回、『ファーストラヴ』の(中村が演じた)迦葉くんって、1作の中に2つ3つのキャラが存在しているわけ。それを、全部いちいち、私は説明してないです」と中村に細かい指示を与えていなかったことを明かし、「分かるんだよね。言わなくても。これはどうなの? 天才なんですか?」と中村に真顔で尋ねると、中村は「いやいや、もう必死こいてるだけです」と答え、顔を赤らめていた。

 今回の放送では、憧れの窪塚を前にして、いつもとは明らかに違う様子の中村にを指摘する声が続出。ネット上では「窪塚君の前で中村倫也がひたすら緊張するのがリアルに観れて新鮮やった」「少し緊張した感じで紅潮気味の倫也くんが印象的」「倫也くんが緊張しつつも楽しそうで朝からほっこり」などといった反響が相次いでいた。

 テレビからは姿を消したが、舞台や映画などで唯一無二の存在感を発揮している窪塚洋介。いまや売れっ子の中村倫也だが、さすがに窪塚の前では緊張が隠せなかったようだ。

  1. 1
  2. 2