千鳥「安くて上手いが数字はない」バカ売れなのに…テレビマン激寒評価の画像
千鳥

 3月2日号の『女性自身』(光文社)が、複数のテレビ局関係者の情報をもとに「人気MCタレント30人『ギャラ&コスパ』ランキング」を発表。ランクはS~Dに分けられており、Sには2組がランクイン。1人は誰もが納得の明石家さんま(65)だったのだが、もう1組は、あのコンビだった。

千鳥です。“いまもっとも勢いがあり、2人の存在感だけで番組が成立する”と評されていました。さんまと千鳥以外はAランクですから、千鳥はタモリ(75)やダウンタウンらより評価が高い、という結果になります。たしかに、千鳥は老若男女問わず大人気ですからね」(女性誌記者)

 ゴールデン1時間における推定ギャラがさんまが150万、ダウンタウンがそれぞれ100万と高額なのに対して、千鳥は80万円と比較的安いのも、業界人気の理由だろう。

 千鳥に対しては「令和のダウンタウン」と評する声まであった。

「千鳥はノブ(41)と大悟(41)の2人だけで笑いがいくらでも作れるので、どんなコーナーに置いても、どんなゲストを呼んでも、撮れ高が安定している。制作スタッフとして、これほどありがたいことはないですね。どちらか1人をピンでMCにするより、コンビで出演させた方が安定感があるのは、くりぃむしちゅーに近いかもしれませんね」(テレビ局関係者)

  1. 1
  2. 2
  3. 3