■くりぃむしちゅーは危機に直面!?

 不祥事を起こした芸人のみならず、これまで順調にキャリアを重ねてきたベテランのくりぃむしちゅーも今、厳しい状況にあるという。

 くりぃむしちゅーと堺正章(74)がMCを務める『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)は2004年の番組スタート以降、高視聴率を維持してきた。ところが、近年では視聴率1桁台ということも珍しくなくなったと、2020年11月の『デイリー新潮』では伝えている。

 また、有田哲平(50)がMCを務める『有田プレビュールーム』(TBS系)は2020年7月の番組開始以来、低視聴率が続いており今春にも終了するという報道もある。

「2月1日の放送の世帯視聴率は2.9%、個人視聴率は1.7%と、19時ゴールデン帯では考えられない数字です。4月からは『有田プレビュールーム』が放送されている月曜19時の枠に『アイ・アム・冒険少年』が移動してくることがすでに決まっているといいます。

 また、コンビでMCを務める『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』(テレビ朝日系)も一部では今春終了するという噂も出ているほどです」(前出の制作会社関係者)

 そんなベテラン芸人にとって苦しい状況が続く中、テレビマンがこぞって番組に起用したい芸人がいるという。

「今はとにかく、千鳥かまいたちチョコレートプラネットを使いたい、となっていますね」(民放キー局ディレクター)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6