■加藤の乱に「後悔はまったくない」

 2月26日発売の『FRIDAY』(講談社)の直撃取材を受けた加藤は「(加藤の乱での)あの発言に後悔はまったくありません」「エージェント契約は続けたい」といった趣旨のことを述べている。

「この発言から分かるのは、吉本と再び専属契約をするつもりはないということですよね。であれば、現状を問題視しているとささやかれる吉本の立場になってみると、エージェント契約ももうやめて、加藤さんには完全独立してもらうというのが自然な流れでしょう。

 ただそうなると、加藤さんがそのまま、『スッキリ』に出演し続けるのは難しいかもしれません」(前出の芸能プロ関係者)

 日本テレビと業界最大手の吉本は深い関係にある。

「ただ、2019年7月に新しい地図の3人を番組に出演させないよう、ジャニーズ事務所がテレビ局に圧力をかけたとして公正取引委員会に注意を受けていたと報じられました。これ以降、芸能事務所はそういった疑念を持たれないように、細心の注意を払うようになりつつあります」(前同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7