雨上がり・蛍原徹、宮迫からの電話「言いたいことあるやんか」騒動後の再会明かすの画像
宮迫博之(雨上がり決死隊)

 2月23日放送の『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京系)で、雨上がり決死隊蛍原徹(53)が相方の宮迫博之(50)との現在について語った。今回、ゲストに蛍原とさらば青春の光が登場、蛍原はオードリーと青春の光両方から質問攻めにあった。オードリーの春日俊彰(42)は、オープニングから蛍原を「2分の1になったから」とイジり、さらば青春の光の森田哲矢(39)も「2分の1になったときの率直な感想を」と追い討ちをかけた。

 すると蛍原は、困りはてながらも「昨日電話かかってきたわ」「たまたま」と告白。蛍原が「昨日の前は、11月の終わり」と久しぶりの電話だったことを明かし、「昨日は1分ぐらいやけどね」と続けると、オードリー若林正恭(42)は「1分の電話って何の電話ですか?」と興味津々。蛍原が「これまたなんか……」と頭を抱えながら「ジャンルでいったら、えっと、まあ報告ですよ」と苦しい説明をすると、今度は森田も「なんの?」とグイグイ。

 蛍原は「宮迫さんが、えーと。宮迫さん、だから……」「あの、まだだから先のことやから」「宮迫がこういうことするから、一応言うとくわ、みたいなこと」とお茶を濁したが、森田はさらに「どういうことっすか?」と蛍原を追い詰め、「もうええやろ!」とツッコまれていた。

  1. 1
  2. 2