自宅&行楽のお供に「飲みたい!」プロが厳選ウマすぎ「ビール系飲料」の画像
写真はイメージです

 コロナ禍の昨今、宴会は無理でも、新緑であふれる公園を散歩したり、家でのんびりしたりして、春の訪れを楽しみたいもの。そんなひと時を盛り上げてくれるのが、進化を続ける“ビール系飲料”だ。

 日本では酒税法により、「ビール」は麦芽の使用が50%以上のものを指す。麦芽使用率が50%未満あるいは原料に麦芽以外の材料が使用されていると、「発泡酒」や「第3のビール」などに分類され、酒税も安く設定される。

「ただ、2026年に発泡酒や新ジャンルの酒税が統一されるため、それに向けて、大手各社は“ビールカテゴリー”に力を注いでいます。クラフトビールにも新しい動きが見え始め、魅力的な商品が次々と生まれているんです」

 こう力説するのは、今まで2000種類以上の日本のビールを飲んできた、ビアジャーナリストの、こぐねえ氏。こぐねえ氏の協力のもと、“激うま”家飲みビールを紹介しよう(以下、発言はすべて同氏)。

 まず注目は、“泡の出る缶ビール”として話題のアサヒの『アサヒスーパードライ生ジョッキ缶』。一般発売は今月22日だが、6日からコンビニで先行発売。すでに試飲した、こぐねえ氏はこう語る。

「上蓋ごと全部開ける、大きな飲み口が特徴で、ジョッキ感覚でグイグイ飲めます。お店の生ビールに近い、きれいな泡立ちで、飲み心地は想像以上でした。缶ビールの歴史のターニングポイントとなる1本ですね」

 そのアサヒと言えば、定番の『アサヒスーパードライ』にも、知られざる別の楽しみ方があるという。

「爽快な喉ごしが売りのビールですが、炭酸をほどよく飛ばすと、麦の風味が感じられます。ダシのうま味と相性抜群なので、たとえば、関東風おでんと合わせるのもいいですね」

  1. 1
  2. 2