「どう考えても東出昌大」!唐田えりか連載最終回「戦慄のラスト3行」!!の画像
唐田えりか、東出昌大

 4月15日、株式会社日本カメラ社は月刊誌『日本カメラ』の休刊を発表した。また、同社は4月30日もって解散することになるという。

 4月20日には『日本カメラ』の最終号となる2021年5月号が発売された。2020年12月発売の『日本カメラ』1月号にスタートした女優・唐田えりか(23)のエッセイ連載「Mirror」も今号が最終回となる。

 唐田といえば、2020年1月に俳優の東出昌大(33)との3年にわたる不倫関係が報じられ、芸能活動を自粛。約1年間の沈黙ののち、同誌の連載で活動を再開した。

「しかし、雑誌が休刊してしまうということで、唐田の連載も今回の第5回で最終回を迎えることになりました。

 連載は“フィルム好きの女優がつづる写真エッセイ”というコンセプトで、唐田がフィルムカメラで撮影した写真とエッセイで構成されています。今回が最終回ということで、それを意識した内容になっていますが……何とも衝撃的なんですよね」(女性誌記者)

  1. 1
  2. 2
  3. 3