■商品の原材料にも柴咲の細かく厳しい“こだわり”

 レトロワグラースではアパレル事業を展開しているが、ECサイトで扱っている商品の多くが高価格帯で、たとえばワンピースは3万~4万円前後、キャミソールが2万円などする。

『FRIDAY』では、“女優・柴咲コウ”を全面に押し出して手頃な価格の商品を大量に売れば儲けは出るものの、本人に強いこだわりがあり、それはしないと伝えている。

「扱っているアパレル製品や食料品の原材料にもかなり細かいこだわりがあるようです。原価を少し下げれば手を出しやすい価格にすることもできるのでしょうが、品質を妥協することはなく、いい素材で製造するため、結果、高額になって商品があまり売れていないといいます」(ワイドショー関係者)

 現時点での会社の赤字は、そのあたりの柴咲の細かなこだわりが良くない方向に出てしまっているから、生じているのかもしれない。

「今回の『FRIDAY』ように、柴咲さんが写真週刊誌にプライベートの行動、私服姿が撮られるというのは非常に珍しいこと。柴咲さんは“女優にはプライベートを見せない神秘性があったほうがいい”と考えるタイプだといいますからね。しかし、女優としてではなく会社を引っ張る社長として奮闘しているからこそ、今回のような珍しい写真が撮られたのではないでしょうか」(前同)

 時には鬼の形相で社長業に奮闘しているという柴咲の会社は、黒字に転じることができるだろうか!?

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4