『ナイト・ドクター』第5話 キンプリ岸優太の「チャンスをください」に覗く深澤の「成長と美」の画像
(左から)北村匠海、岸優太(King&Prince)、波瑠、田中圭、岡崎紗絵(画像は『ナイト・ドクター』公式サイトより)

ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の5話は、仕事の順序と進め方について考えさせられた。目の前で苦しむ患者を何としても助けたい熱い思いと、医療ミスや手術による死亡や後遺症が残るといったリスク回避を取ることの重要さ。患者の命の危機が迫ったときに、何を優先すべきかの判断は担当する医師による。経験だけではない患者やその家族を思いやる気持ちがなければ、助かった命でさえ肯定できなくなるつらさ、重さがあることを痛感させられた。

■深澤が救命医としていよいよ立ち上がる

 深澤(岸優太/25)は、そもそも救命医らしくない医師だ。救命に使命感を持っている美月(波瑠 /30)や、経験豊富で処置が速くて正確な成瀬(田中圭/36)、スキルを上げたい(岡崎紗絵/25)に比べると、医療行為はサポートに徹しつつ家族への連絡や警察への連絡など事務作業をしている印象がある。もちろん、サポートも事務作業も大事な仕事だ。しかし、このままでいいとは思っていなかったのだろう、未成年の手術に親の同意書がないまま手術を決めて成功させる同僚たちに大きく心が動かされた。ドクターカーの出動要請に、あの深澤が、自分から現場同行を申し出たのだ。

「自分も行かせてください、チャンスをください」

 これは、深澤にとって、とても大きな変化だ。救命に配属された直後は、自分にはついていけないと棒立ちになり、「こんな俺に、ナイト・ドクターなんて勤まるんだろうか」と暗い表情で夜の院内を歩いていた深澤とは別人のようだ。もしかしたら、決断まで少し時間が掛かるタイプなのかもしれない。だけど、アルバイトを掛け持ちしながら医大を卒業したくらいの努力家なのだ、こうと決めたらやり遂げるだろう。自分の立場や病院の規則を守るのは大切なことだ。だけど、命の危険と隣り合わせの一刻を争うギリギリの選択しかない現場にいて、命を守り救うことが出来るのは自分たちしかいないことを自覚して、そのど真ん中にいて感化されないわけがない。強いまなざしや気合の入った表情、こういう深澤が見たかったのだ。

  1. 1
  2. 2