綾瀬はるか、実母が巻き込まれた「1億円投資トラブル」と衝撃シンクロ!!来年4月主演フジ月9「財産ミステリー」とコロナ後遺症の「心配事態」!の画像
綾瀬はるか

 10月12日、マーケティング会社「アーキテクト」が、2021年8月度(第3四半期)の調査をもとにした「8月調査総合タレントパワーランキング」を発表し、女優の綾瀬はるか(36)が第1位に輝いた。

 前回調査の3位から1位に上昇した綾瀬は、「東京2020オリンピック・パラリンピック」期間中に放送された「コカ・コーラ」のCMや「ユニクロ」の新CMなど、多数のコマーシャルに出演。

 2位には新垣結衣(33)、3位にはメジャーリーガーの大谷翔平選手(27)が選出された。

「8月31日には、綾瀬さんが新型コロナウイルスに感染して入院中だと所属事務所が発表しましたが、その後、情報は出てこなかった。

 先日、一部で退院報道もありましたが、実は、綾瀬さんは、入院した際には肺が真っ白でかなり良くない状態だったそうなんです。現在は落ち着いているようですが、ちょっと油断すると、また良くない状態になってしまう可能もあるとか。そのため、仕事には細心の注意を払って、ということになるようです」(芸能プロ関係者)

 綾瀬については9月より、木村拓哉(48)が主演を務める東映70周年を記念した時代劇映画の撮影が始まるという報道もあった。

「新規のCMや木村さんとの共演映画の撮影は、当初の予定から変更をしてもらっているという話が聞こえてきていますね」(前同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4